私のことを憶えていますか 5巻 第56話 東村アキコ

ネタバレあらすじ&感想

作品名:私のことを憶えていますか(5)
作 者:東村アキコ
出版社:文藝春秋
掲載サイト:ピッコマ
レーベル: 文藝春秋 BOOKS

出版社コメント

俳優のSORAは初恋の「こうちゃん」だった――。
子供時代は3歳年下の彼をいじめっ子たちから守っていたのに、今は彼のゴシップを追う立場。
編集長に命じられ、複雑な思いで向かった取材現場で、まさかの急接近!?
一方、親に結婚を決められ焦る猫作は上京し、遥に思いを告げようとする。
幼なじみ3人の関係が変わっていく。

無料で読める!

ピッコマで読めますよ♪
待てば0円で無料で読めるのがうれしい❤

ピッコマ|無料漫画・小説、新作コミックが毎日楽しめる!
話題の漫画・小説を無料で読むならピッコマで!アニメ・ドラマ化のコミックからオリジナル連載作品まで毎日楽しめる。恋愛・ドラマ・ホラー・ミステリー・ファンタジー・アクション・スポーツ・日常・TL・BLなど豊富なラインナップを多数待てば無料で配信中!

既刊一覧

いままでのおはなし

あらすじ&ネタバレ

ふるさとにスターとして戻ってきたSORA
その姿を感慨深く見つめる遥。

事の始まりは一か月前
遥の元に猫作から仕事の依頼が。
山猫ワイナリーと役場のHPに載せるCMの撮影レポートの依頼だった。
SORAも参加する撮影に遥が顔を出し、猫作に婚約者として紹介されれば今後ナメられないと…
それに、よっちゃんとマルオに言われた「遥の仕事してるとこみるべき」という言葉も真摯に受け止めているらしい…。

こういう所はピュア…❤

そして、本音は
ワイナリーでの仕事もできる遥を父親にアピールしたいのだというw
怒って電話を切る遥にドMを隠さなくなってきた猫作w

私のことを憶えていますか 56話より

SORAがやってくることに興奮するよっちゃんとマルオ
ワイナリーの取材のオファーに喜ぶ編集長
山猫との関りが生まれ喜ぶ遥両親ww

SORAはこうちゃんだと誰もまだ気が付いていない…
牽制されたのにどうしてもこの場所にいるこうちゃんを見たかった遥…

そして、黒塗りの車から降り立つスターのSORAは
猫作の前に行き
「お久しぶりです 私のことを憶えていますか?」と…

感想

ドMの猫作はかわいくて好きww

ついにSORAと忘れたい(?)過去の対峙ですね
読者には癒しの面々だけど、こう見ると田舎独特の圧を感じますね

私のことを憶えていますか 56話

他の漫画の感想も探してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました