私のことを憶えていますか 6巻 第63話 東村アキコ

ネタバレあらすじ&感想

作品名:私のことを憶えていますか(6)
作 者:東村アキコ
出版社:文藝春秋
掲載サイト:ピッコマ
レーベル: 文藝春秋 BOOKS

出版社コメント

SORA・遥・猫作の幼なじみ3人が大人になって初めて、一緒に子供時代を過ごした地元に集結。

猫作の思いを知ってもなお、SORA(こうちゃん)のことばかり考えてしまう遥、
遥との結婚を外堀から埋めようと動く猫作。
猫作に遥を婚約者として紹介されたSORAの思いは……。

無料で読める!

ピッコマで読めますよ♪
待てば0円で無料で読めるのがうれしい❤

ピッコマ|無料漫画・小説、新作コミックが毎日楽しめる!
話題の漫画・小説を無料で読むならピッコマで!アニメ・ドラマ化のコミックからオリジナル連載作品まで毎日楽しめる。恋愛・ドラマ・ホラー・ミステリー・ファンタジー・アクション・スポーツ・日常・TL・BLなど豊富なラインナップを多数待てば無料で配信中!

既刊一覧

いままでのおはなし

あらすじ&ネタバレ

猫作好きにはお宝回だった前回の告白回…❤
告白した瞬間遥の初恋の人こうちゃんがスターになっていることを知った猫作。
現場での「私のことを憶えていますか」と聞いたSORAの言葉の意味を理解する。

「よかったな」「明日オレが頼んで一緒に写真撮ってやるよ!」と笑顔で言う
スター相手に本気で期待しているなんて思っていない猫作の様子に凹む遥。

足をくじいて猫作に送ってもらったと聞き、進展があったのではとウキウキの遥ママw
だけど猫作に甘えることなくケンケンで帰ってきたという遥に、昔から強がりだから…と呆れる。
女番長みたいだったと思い起こす母の言葉に、こうちゃんが好きだった自分はそういう強いところだったのかと考える。

今のコソコソおどおどしたカッコ悪い私を見て、こうちゃんは幻滅しただろう。
遥はこうちゃんと自分の差を改めて感じ、初恋と区切りをつける決意をする。

感想

猫作。
自分の事を憶えているか尋ねたSORAを思い出し、意味深な感じですね。
次回も何かしてくれそうな予感…❤

他の漫画の感想も探してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました