私のことを憶えていますか 6巻 第92話 東村アキコ

ネタバレあらすじ&感想

作品名:私のことを憶えていますか(6)
作 者:東村アキコ
出版社:文藝春秋
掲載サイト:ピッコマ
レーベル: 文藝春秋 BOOKS

出版社コメント

SORA・遥・猫作の幼なじみ3人が大人になって初めて、一緒に子供時代を過ごした地元に集結。

猫作の思いを知ってもなお、SORA(こうちゃん)のことばかり考えてしまう遥、
遥との結婚を外堀から埋めようと動く猫作。
猫作に遥を婚約者として紹介されたSORAの思いは……。

無料で読める!

ピッコマで読めますよ♪
待てば0円で無料で読めるのがうれしい❤

ピッコマ|無料漫画・小説、新作コミックが毎日楽しめる!
話題の漫画・小説を無料で読むならピッコマで!アニメ・ドラマ化のコミックからオリジナル連載作品まで毎日楽しめる。恋愛・ドラマ・ホラー・ミステリー・ファンタジー・アクション・スポーツ・日常・TL・BLなど豊富なラインナップを多数待てば無料で配信中!

既刊一覧

いままでのおはなし

あらすじ&ネタバレ

場違い感にうろたえる遥をあざ笑い、猫作のもとへ駆け寄る猫作婚約者(公式)
外国のセレブへの売り込みに苦戦する猫作に颯爽と助け舟を出す英語ペラペラの婚約者(公式)
あっさりと会話を終える婚約者は相手を見極めており、もっと大物を狙うという。
やり手の婚約者(公式)にちょっと猫作は驚いている様子。

遥の様子を尋ねる猫作だが、婚約者(公式)は遥も向こうでしっかり仕事をしているからこっちはこっちでしっかり働きましょうとグイグイ押す。

住む正解が違う…
SORAは見つけられなかったが、
普段着でセレブの世界に紛れ込んでしまった遥はSORAにこんな姿を見られたくない…と、会場を後にしようとする

その時、映画祭の協賛各社によるプレゼント抽選会のプレゼンターが登場する。
舞台に立ったSORAは逃げる遥の姿にくぎ付け…。
進行も忘れ、遥を見つめる
SORAはこっそり近くのボーイに声をかけ、遥を捕まえるように頼み、そのまま抽選会の進行を続ける。

急にボーイに声をかけられた遥は「不審者に見えたかもしれないけど、月影さんに関係者として入れてもらったのだ」と言い訳を…(笑)
心配する遥だが、関係者に連れていかれたのはたくさんの衣装がある部屋。
ドレスに靴をあてがわれ、プロのメイクまで…

感想

シンデレラ…!
こうちゃん…いつからこんな事を仕込んでいたの…
遥がパーティーに紛れ込むことは知らなかっただろうに…
遥はカワイイ顔だから、きっと大変身をしちゃうんだろうな💛
次回、公式婚約者の悔しがる顔が見たい!
(でも、やっぱり写真を撮りそびれた遥ww仕事大丈夫?)

他の漫画の感想も探してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました