私のことを憶えていますか 9巻 第131話 東村アキコ

ネタバレあらすじ&感想

作品名:私のことを憶えていますか(9)
作 者:東村アキコ
出版社:文藝春秋
掲載サイト:ピッコマ
レーベル: 文藝春秋 BOOKS

出版社コメント

故郷でSORAとふたりきりの時間を過ごし、彼の過去や本心を知った遥だったが、東京に戻ると元通りゴシップ記者と人気俳優という関係に。
ある日何者かによって遥の写真がネットに晒され、かつて過密な取材現場でSORAが救出し「手をつないで逃げた女」がこのゴシップ記者だと特定され炎上する。
危険が迫る遥のために、SORAが選んだ行動は……。
ずっと忘れていた子供時代の初恋が、大人になった今動き出し、どんどん深みにはまっていく。話題の純愛コミック第9巻!

無料で読める!

ピッコマで読めますよ♪
待てば0円で無料で読めるのがうれしい❤

ピッコマ|無料漫画・小説、新作コミックが毎日楽しめる!
話題の漫画・小説を無料で読むならピッコマで!アニメ・ドラマ化のコミックからオリジナル連載作品まで毎日楽しめる。恋愛・ドラマ・ホラー・ミステリー・ファンタジー・アクション・スポーツ・日常・TL・BLなど豊富なラインナップを多数待てば無料で配信中!

既刊一覧

前話までのおはなし

あらすじ&ネタバレ

トントンとはねたスーパーボールは遥のドレスの裾へ…
驚いた遥が見上げると、そこにはSORAが…

青ざめる麗子にSORAはほほ笑んで「僕降りますね」と言い遥の元へ。
引っ越しの時に捨てたはずのスーパーボール…。
想い出も、記憶も一緒に。

SORAが、あの日のこうちゃんの面影をそのままに遥の前へ
スーパーボールを拾い上げるSORAを見て、涙を浮かべる遥。

SORAは遥に間に合ったよね?と尋ねる。

SORAの登場に、演出なのかとざわめく会場内。

猫作父が猫作母に
何があってもみっともないから取り乱すんじゃないぞ。と一言先を予見したような発言。

SORAはスーパーボールを差し出し、遥に一緒に行こうと言うのだった。

感想

SORAが現れた時の猫作の顔…涙
猫作父は全てを予想していたようですね。
イヤ。今回もカッコイイです❤

猫作は…これはつらすぎる…。
猫作母も、夫の心にずっといる初恋の相手の息子に、我が子の想い人まで持って行かれ…ちょっと悲しい…。
いいお母さんだからそんな事言わないんだろうけど、私だったら嫌だな…。

あと、マルオはずんこさんの元カレに気づいたかな(笑)

他の漫画の感想も探してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました