私のことを憶えていますか 9巻 第136話 東村アキコ

ネタバレあらすじ&感想

作品名:私のことを憶えていますか(9)
作 者:東村アキコ
出版社:文藝春秋
掲載サイト:ピッコマ
レーベル: 文藝春秋 BOOKS

出版社コメント

故郷でSORAとふたりきりの時間を過ごし、彼の過去や本心を知った遥だったが、東京に戻ると元通りゴシップ記者と人気俳優という関係に。
ある日何者かによって遥の写真がネットに晒され、かつて過密な取材現場でSORAが救出し「手をつないで逃げた女」がこのゴシップ記者だと特定され炎上する。
危険が迫る遥のために、SORAが選んだ行動は……。
ずっと忘れていた子供時代の初恋が、大人になった今動き出し、どんどん深みにはまっていく。話題の純愛コミック第9巻!

無料で読める!

ピッコマで読めますよ♪
待てば0円で無料で読めるのがうれしい❤

ピッコマ|無料漫画・小説、新作コミックが毎日楽しめる!
話題の漫画・小説を無料で読むならピッコマで!アニメ・ドラマ化のコミックからオリジナル連載作品まで毎日楽しめる。恋愛・ドラマ・ホラー・ミステリー・ファンタジー・アクション・スポーツ・日常・TL・BLなど豊富なラインナップを多数待てば無料で配信中!

既刊一覧

前話までのおはなし

あらすじ&ネタバレ

たくさんの情報の中で忙しく過ごす
そのせいでいろんなことを思いだす暇がない
光のようなスピードでどんどん流れ
いつの間にかいい大人になって
仕事も忙しくなって

気がつけば世の中は前よりもっと息苦しくなっていた。
いつも誰かの注目を浴びる日々
そうして他人を、世の中全てを警戒していた。
そして大人になって再会した遥の事も。

再会した遥は自分と同じで少し疲れて見えた。
大好きだったけど、お兄ちゃんを好きだと言っていた遥。
再会しても、子どもの時と同じ。
いつも遥を目で追っていたこうちゃん。

遥の事が心配で守ってあげたかったけど、自分自身も世の中に疲れ戦う気をなくしていた。
だから、遥に告白されたとき、こうちゃんは動揺し、自分といることで今よりもっと遥が酷い目に遭うと思った。
だから突き放し、いつか忘れられると思っていた。

だけど、遥と猫作の式の日
猫作の父の話を聞きスーパーボールを見て
思わずボールを遥に向かって投げていた。

自分たちの逃避行の動画を買ってもらうため、STARGOSSIPの編集長に交渉していた遥。
値段交渉をする編集長の所に現れたのはワインで出来上がった独身三銃士。
一緒に酒を飲み猫作を慰める仲間たち。
一番いいワインを開けると言う父に
オレもそれ飲んで忘れるよ
酒ってこういうときのためにあるんだな
と猫作。
そんな息子を見て目を細める猫作父。

感想

やっぱり今回も猫作父が一番カッコイイ(笑)

今回はこうちゃんの心の中の振り返り。
こうちゃんもいろいろ大変だったんだねっていう…。

他の漫画の感想も探してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました