私のことを憶えていますか 8巻 第109話 東村アキコ

ネタバレあらすじ&感想

作品名:私のことを憶えていますか(8)
作 者:東村アキコ
出版社:文藝春秋
掲載サイト:ピッコマ
レーベル: 文藝春秋 BOOKS

出版社コメント

SORAは子供時代の事故について記憶を取り戻すため、遥とともに山道をたどった。雨が雪になり山奥で足止めされたふたりは、古いペンションで一夜をともに過することに。これまで俳優SORAとして遥に見せてきた頑なな態度とは違い、昔の「こうちゃん」と変わらない優しさや脆さを感じた遥は、子供の頃のように彼を抱きしめるが……。
子供の頃以来、最も距離が近づく第8巻!

無料で読める!

ピッコマで読めますよ♪
待てば0円で無料で読めるのがうれしい❤

ピッコマ|無料漫画・小説、新作コミックが毎日楽しめる!
話題の漫画・小説を無料で読むならピッコマで!アニメ・ドラマ化のコミックからオリジナル連載作品まで毎日楽しめる。恋愛・ドラマ・ホラー・ミステリー・ファンタジー・アクション・スポーツ・日常・TL・BLなど豊富なラインナップを多数待てば無料で配信中!

既刊一覧

いままでのおはなし

あらすじ&ネタバレ

遥を探して廊下へ出る猫作。
だが、そこに遥はいない。

SORAに連れられエレベーターに乗り込み、SORAの腕の中…。
これじゃ誘拐みたいだね
でも、猫作くんにみつかりたくなくて
と、SORA。
ケガの事を知らなくてごめんと謝るが、今夜しかなくて…というこうちゃん。

遥はなんでこのタイミングなのか、問いただす。
何回もきっかけはあったはずなのに…。
そのことは車で話すと言うこうちゃんだけど、遥は猫作のケガの事が気がかりでこの場を離れられない。

子供の頃の遠い記憶と今の自分。
整理するのに時間がかかったんだ。
長い芸能生活で恋愛はタブーだと思っていたけど、遥への気持ちを思い出し、遥と生きることを決めたこうちゃん。

その時、隣のエレベーターが開く音が…
遥を探す猫作だった。
思わずエレベーターの扉を閉じる遥。
エレベーターが上がって戻ってくる間、何回もキスをした2人。

だけど、遥は猫作や家族を裏切り、自分勝手になることが出来なかった。

感想

遠慮がちながらも気持ちを前面に出し、積極的なこうちゃん…
良いです…♡

ああ。あんなに猫作が好きだったのに…
今はすっかりこうちゃんに夢中です(私が)

他の漫画の感想も探してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました