私のことを憶えていますか 8巻 第114話 東村アキコ

ネタバレあらすじ&感想

作品名:私のことを憶えていますか(8)
作 者:東村アキコ
出版社:文藝春秋
掲載サイト:ピッコマ
レーベル: 文藝春秋 BOOKS

出版社コメント

SORAは子供時代の事故について記憶を取り戻すため、遥とともに山道をたどった。雨が雪になり山奥で足止めされたふたりは、古いペンションで一夜をともに過することに。これまで俳優SORAとして遥に見せてきた頑なな態度とは違い、昔の「こうちゃん」と変わらない優しさや脆さを感じた遥は、子供の頃のように彼を抱きしめるが……。
子供の頃以来、最も距離が近づく第8巻!

無料で読める!

ピッコマで読めますよ♪
待てば0円で無料で読めるのがうれしい❤

ピッコマ|無料漫画・小説、新作コミックが毎日楽しめる!
話題の漫画・小説を無料で読むならピッコマで!アニメ・ドラマ化のコミックからオリジナル連載作品まで毎日楽しめる。恋愛・ドラマ・ホラー・ミステリー・ファンタジー・アクション・スポーツ・日常・TL・BLなど豊富なラインナップを多数待てば無料で配信中!

既刊一覧

いままでのおはなし

あらすじ&ネタバレ

萌香の所へ現れたアラン
昔あったことがあると言うアランに心当たりがない萌香

萌香が黒歴史であるネットテレビでアイドル紹介をしていた豊胸前…(笑)
アランはQUOのメンバーとして番組に出ていたのだ。

あまりの変貌ぶりに驚く萌香。
アランは萌香に映画祭での遥とSORAについて探りを入れる。

なんでそんなことを…尋ねる萌香に、アランはSORAとあの事務所に仕返しがしたいと…
萌香はどうなのか
第一線からはじき出され、この先どうやって生きていけばいいのか…考えたりはしないのか。
その言葉に、アランも自分と同じ気持ちでいると気がついた萌香。
全てを話すことに。

そしてそれから4か月。
遥は31歳になっていた。
猫作の手術は上手く行き、夫婦のようにワイナリーの経営に携わる日々。
猫作と遥が月影リゾートの手掛ける式場の挙式第一号になる予定だ。
指輪はデカいダイヤのついた何百万もするもの。
遥ママは指輪を眺めてはウットリ…。
リビングには遥パパがもらったSORAのサイン。

遥はそれを見ないように暮らしていた。

感想

アランと萌香がついに出会いました(笑)
同じ痛みを持った2人。逆襲が怖いですね。

そしてすっかり毒気が抜けた猫作。
わたしはちょっと物足りない(笑)
口の悪い猫作が好き💛

遥は自分の気持ちを押し込めたまま。挙式に近づいています…。
結婚って…当人同士の問題だけじゃないからね…
難しいですね

他の漫画の感想も探してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました