私のことを憶えていますか 9巻 第125話 東村アキコ

ネタバレあらすじ&感想

作品名:私のことを憶えていますか(9)
作 者:東村アキコ
出版社:文藝春秋
掲載サイト:ピッコマ
レーベル: 文藝春秋 BOOKS

出版社コメント

故郷でSORAとふたりきりの時間を過ごし、彼の過去や本心を知った遥だったが、東京に戻ると元通りゴシップ記者と人気俳優という関係に。
ある日何者かによって遥の写真がネットに晒され、かつて過密な取材現場でSORAが救出し「手をつないで逃げた女」がこのゴシップ記者だと特定され炎上する。
危険が迫る遥のために、SORAが選んだ行動は……。
ずっと忘れていた子供時代の初恋が、大人になった今動き出し、どんどん深みにはまっていく。話題の純愛コミック第9巻!

無料で読める!

ピッコマで読めますよ♪
待てば0円で無料で読めるのがうれしい❤

ピッコマ|無料漫画・小説、新作コミックが毎日楽しめる!
話題の漫画・小説を無料で読むならピッコマで!アニメ・ドラマ化のコミックからオリジナル連載作品まで毎日楽しめる。恋愛・ドラマ・ホラー・ミステリー・ファンタジー・アクション・スポーツ・日常・TL・BLなど豊富なラインナップを多数待てば無料で配信中!

既刊一覧

いままでのおはなし

あらすじ&ネタバレ

結局猫作父の助言を受け入れず会社を立ち上げたまり子夫。
借金はまた増え、街を出ていくことになったのだ。

そして事故を起こしたあのトラックは山猫が貸したものだった。
色々怪しいとは思うと言うアラン…。

情報を渡すとSORA兄と連絡先の交換をし、その場を後にするアラン。
SORA兄はアランに礼を言い、おごるからと今度食事に行こうと誘う。
何も言わずに去るアラン。

そしてSORA兄はどこかに電話を…
電話をかけた相手は麗子
猫作父と話ができるよう取り次いでほしいと頼むのだった。

すぐに猫作父に連絡を入れる麗子だが、会う気はないと言う猫作父。

自分の立場で言うことは何もないし、黙殺するのが一番だ。
結婚式を挙げることが世間の誤解を解く一番の得策だと冷静な猫作父。

遥の両親は結婚式の準備で浮かれていた。
どこか沈んだ様子の遥を買い物に連れ出した遥母は
遥のこうちゃんに対する気持ちを尋ねる。

かわいかったこうちゃんがスターになり目の前に現れたらよろめくのは分かるけど
私たちとはもう済む世界が違うのよね
と、諭す母。

私とSORAに何かあったって思ってるの?
遥が尋ねると
そりゃ思ってるわよ。と

母にもモテ期はあったけど、父と一緒になり、遥が生まれ
幸せってそういうことよ
猫作くんとなら幸せになれる。と言う母

感想

いつもお笑い担当の母が遥のモヤモヤに助言します。
私が母でも、同じことを言ってしまうかもしれないなぁ…って思いました。

そして若いころの姿を見たからか
猫作父のカッコよさが…

猫作…
まだまだ青いな。と思ってしまった(笑)

他の漫画の感想も探してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました