私のことを憶えていますか 9巻 第128話 東村アキコ

ネタバレあらすじ&感想

作品名:私のことを憶えていますか(9)
作 者:東村アキコ
出版社:文藝春秋
掲載サイト:ピッコマ
レーベル: 文藝春秋 BOOKS

出版社コメント

故郷でSORAとふたりきりの時間を過ごし、彼の過去や本心を知った遥だったが、東京に戻ると元通りゴシップ記者と人気俳優という関係に。
ある日何者かによって遥の写真がネットに晒され、かつて過密な取材現場でSORAが救出し「手をつないで逃げた女」がこのゴシップ記者だと特定され炎上する。
危険が迫る遥のために、SORAが選んだ行動は……。
ずっと忘れていた子供時代の初恋が、大人になった今動き出し、どんどん深みにはまっていく。話題の純愛コミック第9巻!

無料で読める!

ピッコマで読めますよ♪
待てば0円で無料で読めるのがうれしい❤

ピッコマ|無料漫画・小説、新作コミックが毎日楽しめる!
話題の漫画・小説を無料で読むならピッコマで!アニメ・ドラマ化のコミックからオリジナル連載作品まで毎日楽しめる。恋愛・ドラマ・ホラー・ミステリー・ファンタジー・アクション・スポーツ・日常・TL・BLなど豊富なラインナップを多数待てば無料で配信中!

既刊一覧

のおはなし

あらすじ&ネタバレ

急に現れた吉田兄弟を見て、来ると思っていたと言う猫作父。
記事を読み、SORAと社長が吉田兄弟だと気がついたのだと言う。

事故の原因は猫作父だと思い込んでいるSORA兄は事故の真相を教えるよう猫作父に詰め寄る。
母親と猫作父が幼なじみだったこと
母親が猫作父を頼ってこの町に来たこと
猫作父が吉田父に仕事を紹介し、吉田父が事業に失敗
そして猫作父に追い出された…

自分たちの苦労を猫作父のせいだと責め猫作を苦労しらずのボンボン息子だと言うSORA兄
小さいころに両親を亡くして大変だったのは想像がつくけど、それと猫作とは別の話だし
今では吉田兄弟も立派に成功しているではないかとたしなめる猫作父。

それを聞き、更に激高するSORA兄。
猫作父は2人を車に乗せ式場を離れる。

そしてその頃。
STARGOSSIP一行も式場へ。
そして厳重な警備に引っかかっていた。
困ったずん子が電話をかけたのはマルオ(笑)
すぐに走ってずん子の元へ現れる。

マルオとずん子の様子を見て焼きもちを焼くイケメンの元カレ。
修羅場を繰り広げる3人に
そのくだり誰も求めてないから…と辛らつなSTARGOSSIPの仲間たちww

そして猫作父と吉田兄弟は場所を変えあの日の事について話をしていた。
猫作父が謝ることがあるとすれば、あの日貸したトラックの事。

吉田父がトラックを貸してくれと頼みにた時、急だったこともあり、
彼のまり子への態度に腹を立てていたこともあり、
大きいトラックではなく、小さくて古いトラックを貸したのだった。
そのトラックにまり子までもが乗ると思わずに。

どうして父に対して赤の他人のあなたが腹を立てていたのか。
そう尋ねるこうちゃんに猫作父は
彼女は私の初恋の人だったんだよ。と答える。

感想

どうしよう。
どんどん猫作父の事が好きになるのだけど…(笑)
後ろ暗いことは何もないんだよね…
しっかり自分を持っててホントカッコイイ。
だから猫作もあんな素敵に成長したのよ💛

それからそれから、ずん子さんの恋の行方も気になりますよね❤

他の漫画の感想も探してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました